大學の活動

公開講座?地域交流?高大連攜

東京工蕓大學では、學內だけではなく學外にも積極的な社會?地域交流の場を創り出しています。主に厚木市や中野區の地域住民や、首都圏を中心とする高等學校と連攜した公開講座や一般の方も參加可能な地域交流イベントなどを開催しています。

寫大ギャラリー

寫真教育の“創造的現場”として、1975年開設された寫大ギャラリーは、海外の著名寫真家の日本における初個展をはじめとして、數々のユニークな寫真展を開催してきました。寫真展期間中には、その作家を招聘して學生への授業だけでなく、一般公開しているギャラリー?トークも開催しています。また、ギャラリーは寫真展の開催だけでなく、國內外の寫真家の貴重なオリジナル?プリントを1萬點以上コレクションし、展示や研究にと活用しています。日本のみならず海外でも“SHADAI GALLERY”として知られているユニークなギャラリーです。

風工學研究センター

東京工蕓大學 風工學研究センターは、平成14年に設立以來、風工學に関する教育研究活動拠點として、産官學を問わず國內外の教育研究機関と共同研究を実施しています。また、その活動は平成15年度21世紀COEプログラム「都市?建築物へのウインドイフェクト」、平成20年度グローバルCOEプログラム「風工學?教育研究のニューフロンティア」に連続して採択され、平成25年には文部科學省 共同利用?共同研究拠點に「風工學共同研究拠點」として採択されています。

色の國際科學蕓術研究センター

色の國際科學蕓術研究センターは、色に関するテクノロジーからアートの領域までを幅広く教育?研究する「色の國際科學蕓術研究拠點」として2016年に開設されました。色の科學の基礎や最先端の研究成果を、寫真や映像、プロジェクションマッピング、コンピュータグラフックス、マンガ、ゲームといった様々なメディアアートの手段を用いてわかりやすく伝える「カラボギャラリー」を設置し、事業名稱:「色」で明日を創る?未來を學ぶ?世界を繋ぐKOUGEIカラーサイエンス&アートは文部科學省の平成28年度私立大學研究ブランディング事業の支援対象に選定されています。

ソーシャルメディアアカウント

国产人妻熟妇在线视频