建築コース金容徹教授が韓國空間構造學會の年次大會で優秀発表論文賞を受賞

工學部建築コース金容徹教授(建築構造Ⅲ研究室)が韓國空間構造學會の年次大會で優秀発表論文賞を受賞されました。
金教授は風工學研究センターのメンバーであり,海外の研究者と積極的に共同研究を行っておられます。3年前から韓國のソウル科學技術大學と様々な形狀を持つドームの共同研究を行っており,今回は屋根がドーム中心に開いていく開閉式ドームを対象に外裝材用風荷重特性を詳細に検討した研究が韓國空間構造學會の年次大會で評価され、共同研究者と連名で優秀発表論文賞を受賞されました。

開口率0%の円斷面ドーム
開口率50%の円斷面ドーム
国产人妻熟妇在线视频