研究センター 大學の活動

色の國際科學蕓術研究センター

本學のルーツである寫真、印刷、光學といった學問分野に根差し、今日の工學部と蕓術學部の両學部に共通する全學的なテーマとして「色」を取り上げ、研究を推進しています。
國內の大學では唯一となる「色の國際科學蕓術研究拠點」を形成し、學長方針である 「真の工?蕓融合」を目指します。
本センターの取組みは文部科學省の平成28年度私立大學研究ブランディング事業(タイプB)に支援対象として選定されています。

ハイパーメディア研究センター

文部科學省からハイテク?リサーチ?センターに選定され、2005年度に設置されました。
「高忠実?多機能ディスプレイのための評価法とインタフェースの開発」と「透明フレキシブル両面発光ディスプレイデバイスの開発」の2つの研究プロジェク トを推進しています。これらのプロジェクトを連攜させ、超越した次世代畫像技術の構築に向けて、ハードとソフトの両面から、教員と學生が協力してチャレンジしています。

風工學研究センター

文部科學省の學術フロンティア推進事業に選定され、風と人間の安全で快適な関わりを研究?創造する機関として設立されました。
「強風災害低減システムの構築」「通風設計法の構築」「空気汚染問題と評価システムの構築」の3つのテーマを掲げ、臺風や竜巻による都市や建築物の被害の低減、省エネルギーのための自然換気を利用した通風設計、室內外の空気汚染の改善などの研究を進めています。
また、本研究センターを中核としたプログラム「都市?建築物へのウインド?イフェクト」は、文部科學省の世界的教育研究拠點形成のための「21世紀COEプログラム」(2003年度~2007年度)に採択され、2008年度には「風工學?教育研究のニューフロンティア(2008年度~2012年度)」がグローバルCOEプログラムに採択されました。
2013年度?2019年度には共同利用?共同研究拠點の「風工學研究拠點」(2013年度~2018年度?2019年度?2024年度)に認定されました。
世界最先端の研究の遂行、世界へ向けた教育研究情報の発信などの事業が活発に推進されています。

ナノ科學研究センター

文部科學省「學術フロンティア推進事業」として、2001年に設置されました。
新しい分子機能の創出と計測に重點をおき、異方性場と水素結合相関の高度利用や、生命現象に関わる分子の基本構造解明について研究し、いずれ生體機能と従來の化學の境界に拓かれるであろう新しい高機能化學に貢獻することをめざしています。最先端のナノ科學研究拠點として、學內はもちろん、國內外のさまざまな専門家?研究者とともにプロジェクトを組んで、ナノ構造?機能の設計効率の向上を図っています。
また、化學が今、役割を果たすことを求められている地球環境問題についても、本研究センターは、「社會に貢獻する科學」の一環として思考錯誤を重ねながら問題解決に向けて努力を続けています。

連攜最先端技術研究センター

攜最先端技術研究センターは1997年度、文部科學省からハイテク?リサーチ?センターとして選定され、「新高効率太陽光エネルギー変換システム研究機構」と「新高機能?超高速情報通信システム研究機構」のふたつのプロジェクトを推進するための組織として設立されました。現在は、電子情報工學専攻を基盤として広くメカトロニクス、エレクトロニクス、インフォマティクス、コンピューティング分野の研究を推進しています。

メディアコンテンツ研究センター

メディアコンテンツ研究センターは、2008年度に設置された、本學蕓術學研究科はじめての研究センターです。
本研究センターでは、大正12年に創立された小西寫真専門學校から一貫して、寫真を嚆矢としたメディア系蕓術制作に攜わる実踐的な人材育成を実施してき た本學の教育研究機関としての蓄積をもとに、文部科學省私立大學戦略的研究基盤形成支援事業「メディア系蕓術教育と知的財産権およびコンテンツ流通との調和に関する実踐的研究」という研究プロジェクトを推進しました。
(期間:2008~2010年度)

国产人妻熟妇在线视频