マンガ學科では、この「マンガの道」を目指す學生に、従來の枠にとらわれない自分自身の表現方法を追求し、自由で柔軟な発想力を身につけてもらうことを求めます。 そのために、物語的なマンガ表現を中心としつつ、キャラクターイラスト、カートゥーン(ひとコママンガ)、マンガ原作、雑誌?書籍編集や、新しい手法としてのデジタル表現、またマンガに対する研究?批評的アプローチといった、マンガを取り巻く高度で幅広い専門技術や知識を身につけるためのカリキュラムを用意しています。 これらによって、志が高く、斬新な価値観で新たな文化を創造できる人材を育成してゆくことを目指しています。

特徴

3領域を幅広く學び?デジタル表現技法を身につける

ストーリーマンガをはじめとした創作系だけでなく、理論系も含めて広くマンガ及びその周辺の業界で活躍できるよう、入學時から「ストーリーマンガ」「キャラクターイラスト?カートゥーン(ひとコママンガ)」「マンガ研究?編集」という3つの領域を幅広く學ぶことができます。3年次からはより専門性の高い5つの分野のゼミに分かれ、各自の方向性をさらに明確にして學んでいきます。
アナログ作畫の基礎を學ぶ一方で、2年のデジタルマンガ演習ではマンガのデジタル化に対応した最先端の設備を活かし、コンピュータを使用したマンガ制作の技術を習得します。3?4年の専門分野では近年の電子書籍関連の動向に沿ったデジタルマンガの表現技法を習得します。既存のマンガ表現に捕われず、新たな表現方法の可能性を探り、技術力と創造力を備えた人材を育成します。
娯楽的な要素や、自由な表現方法が追求される一方で、マンガを用いた柔軟でユニークな視覚伝達には、より受け入れやすく、理解しやすいという利點があります。そういった可能性を社會の中で新たに探ることもマンガ學科の重要な役割です。 例えば、學內における他ジャンルの研究活動の分かりやすい紹介や、近隣の地域コミュニティを活性化させるためのアイデアを、マンガ學科が積極的に擔って共同研究とすることも行っていきます。

卒業後の進路ピックアップ

研究室紹介

學科トピックス

學科トピックスの一覧を見る
コウゲイの學び 想像し、創造する。學ぶのは「楽しい」、ものを創るのは「おもしろい」。
記事の一覧を見る
国产人妻熟妇在线视频