大學の歴史 東京工蕓大學について

設立の経緯

本學は大正12年(1923年)に創立された、90年の歴史と伝統を有する大學です。「日本の寫真技術の振興に寄與する人材を世に送り出し、國家の発展に貢獻するためには寫真教育を行う専門の學校が必要である」という理想を提唱していた小西本店(現在のコニカミノルタ株式會社)創始者、六代目 杉浦六右衞門が他界した後、その理想と遺志を後継した七代目 杉浦六右衞門が東京府豊多摩郡代々幡町幡ヶ谷(現東京都渋谷區本町)の地に、「小西寫真専門學校」を創設しました。

「(前略)故先代杉浦六右衞門、つとにこれを憂ひ、私財を投じて寫真學校を設立し、以って本邦寫真界の為に盡さんことを決意し、その企図に努めしも、生前 その意を果たすに至らざりき。不肖先考の遺志を承継して、ここに本校を設立することとなれり(後略)」と七代目 杉浦六右衞門により、高等の専門的寫真教育が開始されたのが本學の前身です。

年表

1923

(大正12年)

小西寫真専門學校創立[現 東京都渋谷區]

舊制専門學校としての発展

前身である小西寫眞専門學校(舊制)は、1923 年に創設されました。戦前の教育過程では肖像寫真及び美術寫真、寫真化學及び科學寫真を取り扱い、これが今日の蕓術學部と工學部に発展しました。

1926

(大正15年)

校名を東京寫真専門學校に改稱

1944

(昭和19年)

校名を東京寫真工業専門學校に改稱

1950

(昭和25年)

新學制により東京寫真短期大學(寫真技術科、寫真工業科)として発足[東京都中野區]

1962

(昭和37年)

寫真印刷科増設

1966

(昭和41年)

  • 東京寫真大學工學部(寫真工學科?印刷工學科)開設[神奈川県厚木市]
  • 東京寫真短期大學を東京寫真大學短期大學部に改稱

新制短期大學及び大學としての発展

戦爭中の空襲により校舎を失い、現在の中野キャンパスの地へ移転。新制の短期大學として再出発しました。1966 年、工學部単科の四年制大學を開校し、1978 年には大學院を設置するなど教育研究體制を充実させてきました。

1967

(昭和42年)

短期大學部の寫真工業科を寫真応用科に名稱変更

1973

(昭和48年)

工學部に工業化學科を増設

1974

(昭和49年)

工學部に建築學科を増設

1975

(昭和50年)

寫大ギャラリーを中野キャンパスに開設

1976

(昭和51年)

  • 工學部印刷工學科を畫像工學科に名稱変更
  • 工學部に電子工學科を増設
  • 短期大學部の寫真印刷科を畫像技術科に名稱変更

1977

(昭和52年)

  • 大學名を東京工蕓大學に改稱
  • 東京寫真大學短期大學部を東京工蕓大學短期大學部に改稱

1978

(昭和53年)

大學院工學研究科修士課程(畫像工學専攻、工業化學専攻)を開設[神奈川県厚木市]

1982

(昭和57年)

東京工蕓大學女子短期大學部(秘書科)を開設[神奈川県厚木市]

1984

(昭和59年)

創立60周年記念中央図書館を開設

1990

(平成2年)

大學院工學研究科修士課程に建築學専攻、電子工學専攻を増設

1993

(平成5年)

工學部寫真工學科を光工學科に改組

1994

(平成6年)

  • 蕓術學部(寫真學科?映像學科?デザイン學科)を開設[神奈川県厚木市、東京都中野區]
  • 大學院工學研究科博士課程(工業化學専攻?電子工學専攻)を開設[神奈川県厚木市]

1997

(平成9年)

  • 大學院工學研究科修士課程に光工學専攻を増設
  • 東京工蕓大學短期大學部を廃止

1998

(平成10年)

  • 大學院蕓術學研究科修士課程(メディアアート専攻)を開設[東京都中野區]
  • 蕓術別科寫真技術専修を開設[東京都中野區]

1999

(平成11年)

工學部工業化學科を応用化學科に名稱変更

2000

(平成12年)

  • 大學院蕓術學研究科博士課程(メディアアート専攻)を開設[東京都中野區]
  • 工學部電子工學科を電子情報工學科に名稱変更

2001

(平成13年)

  • 大學院工學研究科博士課程に建築學専攻を増設
  • 蕓術學部にメディアアート表現學科を増設[神奈川県厚木市]
  • 女子短期大學部秘書科をビジネス情報學科に名稱変更

2002

(平成14年)

  • 工學部光工學科を光情報メディア工學科に名稱変更
  • 大學院工學研究科博士課程にメディア工學専攻を増設

2003

(平成15年)

  • 蕓術學部にアニメーション學科を増設[神奈川県厚木市]
  • 蕓術學部デザイン學科にビジュアルコミュニケーションコースとヒューマンプロダクトコースを設置
  • 「都市?建築物へのウインド?イフェクト」が文部科學省21世紀COEプログラムに採択

2004

(平成16年)

  • 工學部學科を再編成(メディア畫像學科、ナノ化學科、建築學科、コンピュータ応用學科、システム電子情報學科)

2005

(平成17年)

東京工蕓大學女子短期大學部を廃止

2007

(平成19年)

  • 蕓術學部にマンガ學科を増設[神奈川県厚木市]
  • 蕓術學部アニメーション學科にアニメーションコースとゲームコースを設置

2008

(平成20年)

  • 大學院工學研究科の光工學専攻修士課程と畫像工學専攻修士課程を改組し、メディア工學専攻博士前期課程を設置
  • 大學院工學研究科の電子工學専攻を電子情報工學専攻に名稱変更

2009

(平成21年)

工學部ナノ化學科を生命環境化學科に名稱変更

2010

(平成22年)

  • 大學院工學研究科の建築學専攻を建築學?風工學専攻に名稱変更
  • 工學部システム電子情報學科を電子機械學科に名稱変更
  • 蕓術學部にゲーム學科を増設[神奈川県厚木市]
  • 蕓術學部デザイン學科にデジタルコミュニケーションコースを新設
  • 蕓術學部メディアアート表現學科をインタラクティブメディア學科に名稱変更

2013

(平成25年)

  • 創立90周年
  • 蕓術學部デザイン學科のコースを統合

2014

(平成26年)

中野キャンパス再整備計畫が完了

2016

(平成28年)

  • 工學部創立50周年
  • 平成28年度文部科學省 私立大學研究ブランディング事業に採択

2019

(平成31年)

  • 工學部學科を再編成(工學科総合工學系機械コース、電気電子コース、情報コース、化學?材料コース、工學科建築學系建築コース)
  • 蕓術學部生の就學地を中野キャンパスへ一元化

現在、そして100周年に向けて

今後も創立時の思いを継承しながら、さらなる発展を推進し、100周年に向かっていきます。

国产人妻熟妇在线视频